信頼関係で繋がる関係性

現在の日本の年金制度について不安を抱いている人は年々増えています。先の見えない高齢化社会対策や少子化問題の対応をみていると、そう思ってしまう人もいることは非常に納得ができます。オーナー歴1ヶ月のFさんは20代でありながら老後の資金作りのために不動産投資を始めました。初めての不動産投資に和不動産を選んだきっかけとは、一体どこなのでしょうか。

不動産投資を始めるにあたってFさんはまず他社の不動産投資セミナーに参加しました。そこで出会った人に和不動産の評判を聞きつけ、和不動産のセミナーに参加したことが、最初のきっかけという話です。和不動産のセミナーは、資料の作りも丁寧で、かつ、参加者と主催者との距離が近いことが特徴です。セミナーの最後には講師と直接話をすることが出来る質疑応答のコーナーが設けられおり、セミナー中に感じていたどんな小さな疑問点も解決出来ることがFさんは気に入りました。その気に入りぶりは、その後5回も和不動産のセミナーに通ったほどです。

セミナーと個別相談を経て、都心築浅の中古1Rマンションを購入したFさんは、オーナー同士のイベントに参加することになります。オーナー同士の親密な触れ合いは、なかなか普段の会話の中では聞き出せないお金の話、たとえばキャッシュフローはいくらくらいか?儲けはどの程度出ているのか?といった生々しい話も飛び出します。こういった機会を不動産投資会社が作るということは、それだけ会社に自信がある証拠で、なおかつオーナーの安心感にも繋がる、とFさんは話します。生半可な会社がこういったイベントを開催しようものなら、すぐに評判が下がってしまうのは目に見えています。オーナー同士の横の広がりが正しく共鳴することで、より和不動産の評判が上がっていくのです。

Fさんが和不動産で物件を購入した決め手となったのは、自分のテーマであるところの「良いものを買って長く運用しよう」という考えと合致した点にあるところだと言います。もちろんアフターフォローも重要になりますので、その点でも和不動産の強みが活かせると言えるでしょう。和不動産は、オーナーとの信頼関係をとにかく大切にしています。そのため、テレアポや飛び込み営業のような強引と思われる手法は一切行なっていないようです。控えめとも言えるくらいの温和さで、オーナーとの関係性を築き上げることを重視しているという話です。その結果、オーナーは会社の提案するプランニングにも柔軟に耳を傾けて、お互いが気持ち良くマンション経営を進めることができるのです。和不動産の評判の秘密が少しだけ分かったような気がしませんか?